新中野整体院ブログ

深海展

先日、上野公園、国立科学博物館にて

開催中の「深海展」へ。

深海展.jpg

宇宙と双璧を成す?神秘の世界。

内容的に本格的で広く深い。

要点を押さえる為に音声ガイドが役に立つ。

ナビゲーターが中川しょこたんで

解説が楽しく、且つ、解りやすい。

ご自身の興味と知識が豊富なのだろう。

個人的にはZONE2の「深海と生物」が楽しめた。

見所をピックアップしてみると

まず大型モニターで映し出される

デメニギスの捕食シーンのCG。

グロテスクでダイナミック。

デメニギスの頭部は透明な膜になっていて

中は液体で満たされており

中に眼球が収まる。

所で人間の頭蓋骨の内側には硬膜があり

硬膜の内部も脳脊髄液「CSF」という液体で満たされており

脳はその液体の中にプカプカと浮かんでいる。

深海生物も不思議ですが

改めて対比してみると人間も十分不思議だ。

生物という存在が不思議なのだろう。

順路に沿って進むと

ダイオウホウズキイカが登場する。

触腕には鉤ヅメが内蔵された吸盤が付いており

この触腕の一撃で胴体をそがれた

魚の標本があった...。

この一撃は強烈だろう。

これでマッコウクジラと戦っているのだろうか。

マッコウクジラと戦うイカといえば

ダイオウイカもそのひとり。

こちらは全長17メートルの巨大模型が飾られていた。

そしてその隣には深海の巨大鮫、オンデンザメ。

深海2.jpg

こちらも7メートル以上の個体が居るのだとか。

巨大生物はロマンがある。

また深海には生命の起源説の1つ。

熱水噴出孔がある。

生命の起源を探る事は

現存する生命体を知る上でも重要であろう。

進化の過程や

一個体の受精卵から成体までの発生学。

それらは自然の法則の中で

何らかの共通点を持ってリンクしているだろう。

さてこの深海展ではZONE2「深海と生物」以外に

ZONE1「深海とは」

ZONE3「深海と巨大災害」

ZONE4「深海と資源」

ZONE5「深海と地球環境」

ZONE6「深海を調査する機器」がある。

エンターテイメントに加え

深海を探る意義についても

ナルホドな...と

筆者は大変勉強になりました☆

2017.8.20 小杉

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

WBC世界バンタム級防衛戦

約1年ほど前だろうか

地元の連れと都立家政のラーメン店

「食堂七彩」へ行き

列に並んでいた時。

連れが「山中に似てる人が居る」と言ってきた。

2~3人後ろに並んでいた。

それは...似てる人...ではなく

恐らくご本人だっただろうと自身は推測している。

その山中選手は今宵

ボクシングWBCバンタム級の世界戦を控えている。

勝てば具志堅用高と並ぶ大記録

13回連続防衛となる。

必殺技は「神の左」と呼ばれる左ストレート。

左足の母指球で蹴った力を左拳に乗せ

ロングレンジから一瞬で当てる。

今夜も山中選手のノックアウト勝利を期待している。

応援してるゼ‼

一緒にラーメン食べた仲?でもありますから(笑)

2017.8.15

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

伊勢藤

先日、患者様より

神楽坂にある居酒屋さん

「伊勢藤」(いせとう)へ誘って頂いた。

古い昭和初期の建物で

お店に入ると囲炉裏があり

それを取り囲む様にL時のカウンター。

今回はその奥にある畳の部屋へと案内された。

窓側の座敷席で

比較的涼しい曇り空の夕暮れ時

窓は全開となっていて

簾がかかり風鈴が飾られている。

最初の注文は、日本酒「白鷹」と、お通しの品が

店側で決められている。

注文の品が来るまでの暫しの間

店員さんから渡して頂いた団扇を扇ぎつつ

薄暗い暖色系の照明を仰ぐ。

昭和初期のドラマに出て来そうな佇まいで

空襲警報でも鳴りそうな雰囲気。

なるほどこのお店はこの雰囲気を味わう店なんだなとわかる。

さて白鷹は冷酒で注文。

といっても実際は常温。

丸いとっくりとおちょこで頂く。

まろやかで、昔ながらの日本酒らしい味わい。

お通しは枝豆、出汁巻き卵、岩海苔など。

そして一風変わっているのが味噌汁。

白味噌の薄味の味噌汁で

豆腐と共に日本酒と良く合う。

写真は禁止なので今回は無し。

異次元な世界観と共に日本酒が味わえるお店。

夕暮れ時に一杯やりに行くとオツです。

2017.8.11 小杉

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

雲と霧

雲の定義は大まかに「浮遊している微小な水滴」

霧の定義も同じく。

じゃ雲と霧の違いは何か?というと

大まかに「高さ」であると。

上空にあるのが雲で

地表付近にあるのが霧という事になる。

山にかかってる雲。

これは標高の低い地表に居る人から見ると雲である。

しかし山の中に居る人にとっては霧になる。

つまり観測者によってある意味、違う現象という事になる。

相対性理論の様で面白い。

観測者によって見え方が変わる。

とかく只中にあると視界は悪くなりそうである。

2017.8.10 小杉

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

GAME OF DEATH

ブルース・リー関連のお話を最後に1つ。

やはり話題として面白いのは「死亡遊戯」だろう。

GAME OF DEATH.jpg

これはブルース・リーの遺作。

実は個人的にあまり好きではない。

そう思っているファンも多いと推測する。

というのも、この死亡遊戯の製作途中に

ブルース・リーが亡くなってしまった事による

顔がわからない様にした代役によるアクションシーン。

顔のアップ映像は過去作品からの流用。

そして無理のあるストーリー展開。

そこは仕方ないのだが

ブルース・リーの考案したストーリーが大幅に変更され

そこにブルース・リーの思想が無い。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが

実際のブルース・リーによるアクションシーンは

ラストの一連の戦いのシーンで

カリ使い、ダン・イノサント戦

合気道のチー・ハンサイ戦

巨人のジャバール戦のみ。

さて、実際にブルース・リーが考えていた

ラストの戦いのシーンでは

各階層に武道家が待ち構える塔を登っていく展開で

この塔は6階建てという構想だったとの事。

1階には50人の武道家が居るが

突出した才能はなく数だけであるという展開。

2階は足技が得意なウォン・インシック。

武道に於ける分裂を意味している。

3階は蟷螂拳(とうろうけん)のターキー木村で、手技の名手。

別の意味で武道に於ける分裂を意味している。

ここでいう分裂とは、流派の分裂という事の他に

使えるものに自ら制約を掛けてしまったという事。

4階はカリ使い、ダン・イノサント戦。

型にはまった規則的な技を

型なき変則的な技で打ち破る展開。

5階は合気道のチー・ハンサイ戦。

投げと関節技の名手。

ここで打撃系ではない相手を

総合的な技で打ち破る。

この様に塔を登っていくという行為については

自らの進歩、向上を意味しているとの事。

そして最上階の6階は巨人のジャバール戦。

体格差のある相手との戦いになるが

それよりも大きなテーマとしては

このジャバールが流派を持っていないという事。

流派を持たない型なき型のジークンドー

ブルース・リーにとって

ジャバール戦は自らとの戦いであるというテーマ。

自らの探求、自らの影との戦い。

そして次の様なニュアンスを付け加えている。

人は勇気をもって自らの影と向き合う必要がある。

多くの場合、人は自らの影を他人に投影している。

つまり、自らの影を認めずに他人のものにしている...と。

うーむ...耳が痛い(苦笑)

しかし耳を塞いでばかりでは

きっと居られないのだろう(と...反省しつつ)

ブルース・リー関連のお話

一旦閉幕にしましょう。

2017.8.3 小杉

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
メールでのお問い合わせ