新中野整体院ブログ

くもり硝子の向こうは

雨の街...東京。

何だか「ルビーの指輪」の歌詞

みたいになってしまいましたが...(古い!)

東京駅の山手線外回りのホームには

100年以上、ホームの屋根を支えてきた

柱が十数本残されており

隣の東海道本線のホームから少し見下ろす形で眺める

雨のホームと屋根を支える柱は

情緒と共に大正ロマン、いや明治の趣を放っていましたが

今では撤去されてしまい新品の柱となっている。

老朽化もあるだろうから仕方ないですが

古い柱の方が良かったなぁ...(*'ω')ゞ

そして、くもり硝子も雨の街も

晴れるといいですな...(*'ω')^

日本の未来

政治経済、医食住などに於いても。

2017.10.19 小杉

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

流される事のリスク

前回、「思考の迷路」「慣性の法則」についてお書きしました。

これらに付随する流される事のリスクについて

今回はお書きしようと思います。

最初に少し脱線しますが

後ほど軌道修正するとしまして

お話を進めます。

歪んだ背骨が真っ直ぐであるという感覚は

プロプリオセプションの麻痺による。

またの名を固有覚と呼ぶ。

位置覚と言った方が分かり易いかもしれない。

これは自身の身体の立体感覚。

もしこの位置覚が無くなったとしたら

空中に目だけ浮かんでいる様な感覚になるという。

本来、背骨を含む関節がニュートラルポジションにない場合。

身体が歪んでいるという感覚となる。

しかし長時間に及ぶ歪みの癖によって。

もはやその歪んだ背骨が真っ直ぐであるという

その人にとってのスタンダードな感覚になる。

また身体の動きの癖に於いては

良く使う身体の動きを効率化する為に

脳内でシナプスによる電気回路がつくられる。

シナプスとは隣接する神経細胞が手を繋いでいる状態。

例えば初めて車の運転をする場合。

1つ1つの動作を考えながら行い。

正確性が低く反応速度も遅く非効率な動きとなる。

しかしやがて無意識に身体が効率的に動く様になる。

この感覚はあたかも自身が上手くなった様な気になる。

しかし実際にはそうで無い事が多い。

ある一定の動作をする事に於いて

無意識の動きは効率が良い。

しかしそこには見逃せない癖が存在する。

だからこそこの時期に事故を起こしやすい。

さて次に類似する内的な事情のお話。

繰り返しになりますが思考の流れには慣性がある。

そしてそれは脳内の回路を流れる電気信号の事。

脳内のシナプスによる電気回路は

その人の経験則に基いて後天的に構築された回路。

これが先天的な構造の電気回路にプラスされる。

こうして、もって生まれた気質と

経験則による特定の癖を持つ電気回路が出来上がる。

癖のある電気回路を

一方向に流れやすく止めにくい

慣性の電気信号が流れる。

経験豊富な出来る大人の中に

堅物になってしまう人を数多く見聞するのは

この様な事情もある様に思う。

そして「出来る」という自負にも

思い込みのリスクがあるだろう。

「正しい」という事もまた同じく。

「正しい」という事は多くの場合

思い込みのグレイゾーンだろう。

別の人にとっては正しいとは限らない。

自己肯定と他者否定

それらの衝突にはこの様な脳内事情がありそう。

曲がってしまった臍が真っ直ぐである

という感覚には注意が必要だろう。

また例えば、流派や宗教など

集団に於ける内的および外的な流れ、衝突もまた然り。

また逆のケースとしては融合つまり

特定の個人や集団の流れに染まる。

もっと大きな括りで、常識、民意といった類の物も

何が正しいのかグレイである以上は

その流れ任せのリスクは大きい。

例えばそれはプロパガンダなど。

流れの渦中に居ると気付かないから。

そこから出て俯瞰してみる事が

内的にも外的にも有益に働きそうである。

2017.10.14 小杉

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

思考の迷路

脳内の回路を一度思考が流れ始めると

同じ方向に流れやすく

それを止められたり

捻じ曲げられたりするのを嫌う傾向

これを造語「慣性の法則」と呼ぶ。

以前ブログでお書きした事があります。

例えば誰かとの論争の中で

お互いの善悪や優劣の論争を

お互いの慣性の法則が助長しやすい

というニュアンスのお話でしたが

例えば悩みなんかもそう。

悩みの思考が慣性によって

一方通行の迷路に迷い込む。

こんなナゾナゾをネットで見付けた。

ある3人のお客がホテルに泊まった。

1泊30ドルの部屋に泊まり

1人10ドルずつ支払った。

ホテルの主人が宿泊料は25ドルだったと

後から気付いて

ボーイに5ドル渡して返す様に言った。

ボーイは5ドルだと3人で割り切れないから

2ドルを自分のポケットに入れて

3ドルをお客に返した。

3人は結局9ドルずつ支払った事になり

3×9で27ドル。

ボーイが2ドル自分のポケットに入れたから

27+2で29ドル。

1ドル足りない...。

消えた1ドルはどこへ?

一体どういう事だろう?と

一度考え出すと考え続ける。

悩みだすと悩み続ける。というお話。

ナゾナゾの回答を考えるのは楽しいですが

現実問題はそうもいかない事が多い。

つまり、もう1つの解答は、そう

考えるのをやめて気楽にいきましょう

と、そういうお話でございます。

2017.10.12 小杉

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

時は秋

「○ 心と秋の空」

さて○の中には女と入るか、男と入るか?

どちらも正解の様ですが

変化しやすいという意味ですな。

そして時に電光石火、急転直下の

心模様、空模様を見せる。

2017.10.7 小杉

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

自己融解

自己融解とは

食料が一定の期間供給されなくなった場合

例えるならば自己が自己の身体を食べてしまう事。

必要な部分は残し

不必要、或いは有害な部分を

優先的に食べていく。

これはつまり病変組織を融解して

排出していくという事。

断食の期間が進むと

老廃物、毒素の排出から

病変組織の排出へと進む。

これは通常行われているであろう

老廃物、毒素の蓄積から

病変組織の形成へとすすむ流れを

順にクリーンにしていく流れ。

病変組織の融解と排出とは

その病変組織が消滅するという事。

その後に正常な細胞が再生される。

病変組織のもう1つの一例は

なってしまったら元に戻す事が出来ないといわれている

動脈の内壁のアテロームと動脈硬化。

アテロームとは血液中のAGE(終末糖化産物)などの

粥状の物質が血管の内壁にこびり付いたもの。

血管内部は狭くなり血液はドロドロ

血管壁は硬化してもろくなる。

対処として血液をサラサラにする薬を飲みましょうとなる。

期間は一生涯でしょうか。

それ以外に方法はないのだろうか?

解答の1つとして自己融解が有効であろう。

近代医学は自然治癒力の否定から始まった。

近代医学の父「ウィルヒョウ」によると

人間は物であるから自然治癒力はない。

病気を治すのは医者であり医術であり薬であると。

では何故、傷は自然に治るのか?

むしろ自然治癒力こそが至上であると自身は思っていますが

だからこそ自然治癒力を阻害する事はせず

自然治癒力のバックアップが重要なのである。

つまり今回のテーマでもある

ファスティングもそうなのであります。

2017.10.3 小杉

============================

頭痛・腰痛・肩こり・首こり・眼精疲労・坐骨神経痛・五十肩

・膝の痛み・骨盤矯正・O脚矯正等でお悩みの方は

ABCカイロプラクティックセンター新中野整体院へ

http://www.abc-shinnakano.net

============================

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
メールでのお問い合わせ